MENU
ニュース

犯人ロドニーピアーズの現在は?服部剛丈ハロウィン日本人留学生射殺事件

【服部剛丈】ハロウィン日本人留学生射殺事件の真相

1992年10月。日本人留学生射殺事件と呼ばれる服部剛丈君が巻き込まれた事件は、日本中で話題になりました。

事件が起きたのはハロウィンの2週間前でした。

1992年10月17日、日本人留学生を招いて開かれるやや早めのハロウィンパーティーに服部剛丈くんとウェブくんが招待され仮装の準備をしていました。

事件の日、ルイジアナ州で交換留学をしていた当時高校2年生で服部剛丈くんは、友達と2人でハロインパーティーに行くことになります。

【服部剛丈】ハロウィン日本人留学生射殺事件の真相

ウェブくんは先日プールに飛び込んださい首を痛めており、巻いたギブスをいかしてけが人に仮装。

ダンスが好きな服部剛丈くんは映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタのコスチュームを選びました。

服部剛丈くんはコンタクトをなくしていましたが、仮装のためメガネをかけずにパーティーに向かいました。

ウェブくんの父親が描いた地図を頼りに2人はパーティー会場の家を探しましたが地図は下手でした。

しかし、ハロウィンの飾りつけをした家があったため、2人はパーティーの家を間違えて、犯人となるロドニー・ピアーズという男の家の玄関のベルを鳴してしまいます。

インターフォンを押しても出ないため、2人は裏にまわってみました。

犯人は、玄関先の2人を見て、『不審者』と勘違いし、服部剛丈くんを撃ち殺してしまったという事件です。

服部剛丈くん:ハロウィン日本人留学生射殺事件

犯人のロドニー・ピアーズは、打つ前に『フリーズ!!!(動くな)』といったが、服部剛丈君が『プリーズ』と間違えてしまったんじゃないかという報道も多くありました。

服部剛丈くんが殺されてしまったのは、いろんな不運が重なったとも報じられています。

当時は、服部剛丈くんは、通常のメガネもコンタクトもしていなくて、遠くがすぐに見えない状態だったそうです。

そして、間違った家が、治安の悪いエリアにある銃を所有するスーパー保守の家でした。

使用されたのはレーザースコープ付き44口径マグナム。熊や鹿を一発で殺せるほどの銃です。弾丸は左胸部から入り心臓をかすめ左の肺を貫通していました。




服部剛丈銃殺事件の犯人ロドニー・ピアーズの刑事裁判

服部剛丈銃殺事件の犯人:ロドニー・ピアーズの現在は?

ロドニー・ピアーズは正当防衛を主張するも大陪審において傷害致死罪での起訴が決定。事件から7ヵ月後、刑事裁判が始まりました。

その日、ロドニー・ピアーズは妻ボニーと3人の子供たちと週末の夜を過ごしていたと言います。インターフォンがなり様子を見に行ったボニーは知らない人がいるのを見て警察に通報するのではなく、夫に銃を持ってくるように言いました。

ロドニー・ピアーズはマグナムを取り出し裏口へ。
服部剛丈さんを射殺しました。警察に連絡したのは服部剛丈さんを射殺した後でした。

あの時、犯人のロドニー・ピアーズに殺意はあったのか?正当防衛でやむおえず撃ったのか?が裁判の争点でした。

犯人のロドニー・ピアーズを弁護するのはルイス・アングルズビー弁護士。罪を主張する検察側はダグ・モロー検事。

弁護士は陪審員たちにロドニー・ピアーズが恐怖を感じていたことを強調。陪審員は地元の普通の人たち。つまり銃社会を当たり前と思っている人たちです。

裁判ではロドニー・ピアーズが服部剛丈さんを射殺した瞬間、つまり引き金を引いた瞬間の2人の距離も争点の一つとなりました。アングルズビー弁護士は衣服に付着した火薬の量から2人の距離は90cm~150cmしかなかったと主張。陪審員たちは、その異常に近い距離に驚愕しました。

ロドニー・ピアーズはぎりぎりまで引き金をひくことを躊躇しましたが、服部剛丈さんの無謀な行動に恐怖をおぼえ発砲せざるおえなかったと陪審員たちは感じました。

そして陪審員の全員一致でロドニー・ピアーズの無罪が確定しました。こうして日本人留学生射殺事件は幕を閉じました。
あれほど過熱していた日本の報道も収束へと向かい、その後の展開を知る日本人はほとんどいません。


服部剛丈銃殺事件の犯人:ロドニー・ピアーズの現在は?

服部君を銃殺した犯人の名前はロドニー・ピアーズ(Rodney Peairs)と言います。

ロドニーの顔写真(画像)がこちらです。

服部剛丈銃殺事件の犯人:ロドニー・ピアーズの現在は?

事件後、驚くことに犯人のロドニー・ピアーズの正当防衛が認められ、陪審員の全員一致(白人10名、黒人2名)で、犯人は無罪となります。

『アメリカでは、玄関のベルが鳴ったら、銃を手にしてドアを開ける法的権利がある。』という判決理由が、犯人の無罪につながったそうです。

ちょっと日本時の感覚では信じられないですね💦

ただ、犯人のロドニー・ピアーズは、刑事訴訟では『無罪』判決になえりましたが、民事裁判では、犯人の過失責任が認められ、犯人に対して65万3000ドル(およそ7000万円)を支払うように命じられました。

ただし、ロドニー・ピアーズは賠償金を一切支払うことなく、最終的には自己破産しています。

犯人は、遺族に対し、現在まで一切をお金を支払っていないというのだから驚きです。

服部君の両親に支払われたのは、犯人の家の住宅保険から支払われた10万ドル(およそ1070万円)のみだったそうです。

そして、事件後、ロドニー・ピアーズは当時勤務していたスーパーマーケットから解雇され、妻と共に地元を出ていきました。

 

犯人のロドニー・ピアーズは『もう二度と銃を手にすることはないだろう。』とインタビューで語りました。

 

その後のロドニー・ピアーズは消息不明とされていましたが

英語版のWikipediaによると、2013年時点ではトレーラーパークに住んでいたようです。

A 2013 source reported that
he had lost his home and his supermarket job following the shooting and was living in a trailer park.

2013年の情報筋はそれを報告しました
彼は撮影後に家とスーパーマーケットの仕事を失い、トレーラーパークに住んでいました。

※「https://en.wikipedia.org/wiki/Shooting_of_Yoshihiro_Hattori」より引用

ロドニーは賠償金を支払うことも出来ずに自己破産していることから、2022年現在もトレーラーパークに住んでいると考えるのが妥当でしょう。




犯人ロドニーピアーズの現在は?服部剛丈ハロウィン日本人留学生射殺事件

服部剛丈くんが殺害されたハロウィンの衝撃的な「日本人留学生殺人事件」。

銃社会のアメリカに一石を投じましたが、今後も忘れてはいけませんね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

1 2
error: Content is protected !!