ニュース

【顔画像】ハシモトホームのパワハラ課長の名前特定?上司の名前や会社の場所はどこ?

住宅建設業ハシモトホームの新年会で手渡された「症状」がヒドイ!自殺社員でネットで炎上!の概要【青森県八戸市】

ハシモトホームの新年会で手渡された「症状」がヒドイ!ネットで炎上!の概要

住宅建築業ハシモトホーム(青森県八戸市)の青森支店(青森市)に勤務していた40代の男性社員が自殺したのは、上司のパワーハラスメントが原因として、男性の遺族が20日、会社と橋本吉徳社長に約8000万円の損害賠償を求める訴えを青森地裁に起こした。訴えによると、男性は2011年に入社し、注文住宅の営業を担当。18年1月ごろ、上司の男性課長から携帯電話で「おまえバカか」といった内容のショートメールが複数回送られた。

同月開かれた会社の新年会の余興として、営業成績をたたえた賞状形式の「症状」が交付され、誹謗(ひぼう)中傷を受けた。余興は課長が企画し、文面も考案したという。

男性は翌2月、青森市の自宅に駐車していた自家用車内で自殺した。青森労働基準監督署は20年12月、上司のパワハラで重度のうつ病を発症し、自殺の原因となったとして労災認定した。

2018年1月23日、関連会社も交えた新年会の余興で、男性は課長が作った「症状」を手渡されました。

そこには「今まで大した成績を残さず」「あーあって感じ」「細菌」「頑張ってない様ですが」という言葉が並びます。

「症状」は翌2月、男性が自ら命を絶った後、妻が夫の部屋にあった紙袋から見つかったそうです。





【パワハラ画像】住宅建設業ハシモトホーム新年会で「症状」(賞状)を手渡し社員が自殺に

ハシモトホームの新年会で渡された「症状(賞状)」がこちらです。

【パワハラ画像】ハシモトホーム新年会で「症状」(賞状)を手渡す

症状

第3位

貴方は、今まで大した成績を残さず

あーあって感じ

でしたが、ここ細菌は、前職の事務職で大成功した職歴を生かし、

現在でも変わらず事務的営業を貫き

悪気はないがお客様にも機械的な対応にも関わらず、

見事おったまげーの三位です。

陰で努力し、あまり頑張ってないように見えて、やはり頑張ってない様ですが、機械的営業スタイルを今年も貫き、

永野みたいな一発屋にならない様に日々努力してください。

平成三十年一月二三日

ハシモトホーム会長

ちょっと酷すぎて声も出ませんね。

ネット上でも

3位でこれって4位以下はどんな扱いやねん

これ永野の方がショックやろ

など、コメントが続いてます。

今どき、ここまでテンプレなパワハラがあるのが驚きですね。

またハシモトホームですが、どうやら青森県でも1、2を争う大手とのことです。

ハシモトホームですが、どうやら青森県でも1、2を争う大手とのことです。

最大手がこれとは、、、

日常的にすごいパワハラが起こってそうですね。

妻はコメントで「こんな『症状』を渡して、家族が見たらどう思うのか、何も想像しなかったのかと不思議でなりません」と憤ってるそうですが、当然です。




次のページは▶︎【パワハラハシモトホームの会社の場所やパワハラ課長の上司の名前は?】

1 2 3 4 5
error: Content is protected !!