多摩川バーベキューの社会人サークルの名前は?主催者は金子力で特定済?コロナ疑惑

目次

多摩川河川敷でコロナバーベキューを50名で実行

多摩川河川敷でコロナバーベキューを50名で実行

インタビューに応じた主催者の男性は、開催した理由について「ガス抜きですね。報道でコロナで亡くなってる人はよく報道されるけど、『コロナうつ』っていうか、リストラ、倒産、破産で僕の友達は1か月で12名亡くなってるんです」と説明。

集まった人については「もともと社会人サークルなので、こっちが強制的に『来てくれ』じゃなくて、タイムラインに書いたら勝手に集まったっていう。(初対面の人も)半分くらい」とした。

感染に対する心配については「僕的には今、通勤もしてますけど、正直マスクもしてないんですよ。なんていうのかな、実感がないと言えば正直、実感ないのかもしれないですよね。電車で毎日満員電車の中で通勤してて、コロナになってないわけですよ。要は自分がなってない、マスクしてない状況で。マスクうっとおしいんで。なるんだったら、俺がなった方がいいかなぐらいですよね、正直」と語った。

開催するにあたり感染予防のため検温と消毒を実施したといい、バーベキューを行っていいか警察などにも確認したという。

「自粛じゃないですか。警察にも言ったし、国土交通省にも言ったけど、これが自粛じゃなくて、ぱくられるとかいう話であれば、出来ないですよ。『自粛ってどういう意味ですか』って言ったんですよ。それで納得させたんですよ。何かあれば保健所が入るでしょうし、その時に逃げるつもりも隠れるつもりもないし。リスクはあると思ってますよ、正直」と話した。

引用:スポーツ報知

主催者は、コロナ関連で友人12人が亡くなり、「ガス抜き」のために多摩川バーベキューを開催したと言っています。

また、集まった人の半分くらいは初対面だったとのことです。

屋外とはいえ、マスクもせずに約50人が密集してバーベキューをしている様子が放送されました。

小さい子供も何人か参加していたようですね。

多摩川河川敷でコロナバーベキューを50名で実行

主催者曰く、検温と消毒を実施し、多摩川バーベキューを行ってもいいか警察にも確認したということですが、不要不急の外出自粛ムードのなか批判の声が非常に多いです。

多摩川バーベキューコロナの社会人サークルの名前は?

多摩川バーベキューの社会人サークルが気になりますね。

調べてみると、地元情報サイトの「ジモティー」でも多摩川バーベキューの参加者を募集していました。

多摩川バーベキューコロナの社会人サークルの名前は?

「LINE友達飲み会オフ会横浜・東京社会人サークル」として飲み会など様々なイベントを行っているようですね。

 

多摩川バーベキューコロナの社会人サークルの名前は?

 

「ジモティー」によると、今回の会費は男子4000円・女子2500円だそうです。

時間は11時半~16時くらいまで、その後に人数が集まれば花火を行うかもしれないと記載されていました。

世間の自粛ムードとは全く無関係のようなイベントですね。

1 2 3 4
目次
閉じる